車買取りのネット査定で提出する必要書類とは

車買取りをしてもらう前、どれほどの買取り価格がつくのか事前に知りたいと思うのが普通です。そこで利用するのがインターネット査定です。
買取業者の公式ホームページまたは車買取一括査定サイトを利用することで、メールや電話で査定額を教えてもらうことができます。手軽なのは車買取り一括査定サイトの利用でしょう。
メールフォームに個人情報と自動車情報を入力して送信することで、提携先の複数の買取業者から見積もりを出してもらうことができます。一度に複数社にネット査定の申込みができ、まとめて複数の査定額を比較することができるのが特徴です。
さて、このネット査定では何か書類を提出しなくてはいけないのか、という疑問がありますが、必要書類の提出は一切ありません。
ネット査定はあくまでも概算であり、おおよその査定額ということになります。買取業者を選ぶ際の参考にするため利用するサイトなので必要書類の提出は必要ありませんが、車検証を見て詳しく自動車情報を入力した方がより詳しい見積もりをだしてもらうことができます。
ただし、実際に買い取ってもらう場合には必要書類を提出しなくてはならないでしょう。そのため、予め用意しておくことをおすすめします。

ネット査定で買取業者を比較したら、目視査定をしてもらい、その上で正規の買取金額を出してもらいます。傷やへこみなどの自動車の状態によってはネット査定から減額される可能性もあるので、目視査定も2~3社にしてもらうのがいいでしょう。
自動車買取りの際の必要書類には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車税納税証明書が基本書類として提出しなくてはなりません。
車検証と自賠責保険証は通常であれば自動車に積んでいるはずですが、紛失している場合は管轄の陸運局や保険会社に再発行してもらうことができます。実印を持っていない方は作り、役所に実印登録をしましょう。登録すれば印鑑証明書を発行してもらえます。納税証明書は納税時に保管しておくことをおすすめしますが、紛失している場合は税務署(軽自動車は役所)で発行してもらってください。
その他の必要書類として人によってはリサイクル券、委任状、譲渡証明書、住民票などが必要になることもありますので、売却するときに買取業者に必要書類を確認しておいてください。
書類の準備はそれほど難しいものではありませんが、書類によっては有効期限があるので注意して用意しなくてはなりません。