車買取の必要書類や手数料について

不備があって余計な手数料を取られると損です。手数料を安く、買取をスムーズに処理するために、必要書類はキチンと揃えておきましょう。
必要書類といえば自動車検査証(車検証)です。常に車内に携帯しておくことが義務付けられていますので確認しておきましょう。万が一、紛失してしまった際には、運輸支局で再発行して貰いましょう。
税納税証明書も売却時に必要です。用意しておきましょう。
自賠責保険証がなかったり、期限が切れていると売却できませんので確認しておきましょう。見つからなかったときには、再発行して貰いましょう。
リサイクル券も確認しておきましょう。万が一、紛失してしまったときには、自動車リサイクルシステムホームページで料金の預託状況をプリントアウトしておくと代わりになりますので用意しておきましょう。
名義変更手続きなどを買取店にお願いするときには、委任状が必要です。委任状そのものは買取店で用意して貰うことができますが、実印を押さなくてはいけません。そのため、実印や印鑑証明書が必要となります。印鑑証明書は実印が登録されたものであることを証明するために必要です。印鑑証明書は3カ月以内に発行されたものが必要となります。実印は譲渡証明書などにも必要です。 また、車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なるときには住民票が必要となります。状況によっても必要書類は異なりますので事前に確認しておきましょう。

査定の際の必要書類や売却の際の必要書類をキチンと揃えておけば、スピーディでメリットの多い取引を行うことができます。身分証明書はもちろん、印鑑証明書や納税証明書など、必要な書類は揃えておきましょう。また、車を買取して貰ったら、任意保険解約などの手続きもしておきましょう。
中古車買取を利用する際に手数料が発生することは少ないです。基本的には、査定で出された買取価格を手にすることができます。しかし、必要書類を代わりに揃えて貰うようなときや、不動車の移動など特殊な取引の場合には別に手数料がかかるケースもありますので事前に確認しておくことが大切です。
買取のメリットは、料金の設定が明瞭であることもあげられます。新車購入による下取りの場合には、値引きや下取り金額、手数料などが複雑ですが、買取の場合にはスッキリしています。手数料などが発生する場合でも、査定の際にその分を引いた状態で金額が提示されることが多いからです。自動車損害賠償責任保険や税金など、売却しても戻ってこないお金が発生することがありますが、その辺も考慮に入れて査定額が提示される場合もあります。事前にどのような取引条件になっているのかを確認しておくと安心して売却することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>