車を買取してもらう場合と廃車にする場合の必要書類

所有している車を買い替える際には、それまで使用してきた車をディーラーあるいは中古車業者などに買取してもらうか、廃車にすることになります。買取または廃車のいずれにしても陸運局などでの登録手続きが必要です。例えば、買取の場合には新しい所有者への所有権移転登録を行わなければなりません。この手続きには売主である旧所有者が準備しなければならない必要書類があります。その必要書類とは、車検証と譲渡証明書、そして委任状です。車検証は通常車内にて保管していなければなりませんので、すぐに用意できるはずです。万が一紛失してしまった場合には再発行が可能です。譲渡証明書および委任状については指定されている書式がありますのでそれに記入していくことになります。その際、実印を使用する必要がありますので、必然的に旧所有者の印鑑証明書も必要書類に加わります。これらの必要書類を買取の相手(新所有者)に当該車両と一緒に引き渡すことになります。この書類が揃うことで新所有者(あるいはディーラーに依頼された行政書士)が陸運局で所有権移転登録を行うことが可能となるのです。もちろん、これらの書類は買取の際の代金を受け取ってからでなければ引き渡してはなりません。

これまで、買取の際の所有権移転登録の際の必要書類について説明してきました。では、使用してきた車を廃車にする場合にはどのような書類が必要になるかといいますと、廃車手続きの種類によって異なってきます。所有してきた車を一時的に使用しなくなる『一時抹消登録』の場合には、実印と印鑑証明(行政書士などの代理人に依頼する場合には委任状)が必要となります。また、手続きの際には車についているナンバープレートを返却する必要があります。一時抹消はあくまでも一時的に使用を中止するだけの手続きであり、再登録することによって車を再使用することが可能です。これに対して車体を解体して永久的に使用できなくなる廃車手続きが一時抹消登録です。これは解体業者に車体を解体してもらう必要があります。解体時に『移動報告番号』が出され、これが登録時に必要となります。永久抹消時に必要な書類は車検証くらいです。印鑑は実印ではなく認め印も使用することができます。ただし、重量税の還付がある場合がありますので、還付金を入金してもらう際の預貯金口座番号の記入が必要となります。このように、買取の際と廃車の際では必要書類が異なります。買取の際と一時抹消登録の際には必要書類に印鑑証明書が必要となりますので注意が必要です。

車売りたい人必見!【車査定マニア】

http://nikemashup.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>